くらしのひとりごと

日常と頭の中で考えることがすきな日記的ひとりごと録。家好き、インドア派、田舎暮らし、ガーデニング、読書好き。🧑‍🌾

立ち止まって、静かに考える

幼い頃、人間関係への免疫や耐性が身についてなくて(これは性格もあるのだろうけれど) 随分と悩んだ。我が子には同じ思いや思考回路にはさせたくはないと踏ん張って色々悩み、試行錯誤し改善してきた数年間。常に一緒に成長してる感がとてもいい。いま思い描いているありたい自分の理想像もまったく想像しなかったくらいかもしれない。

 

身近にいる存在として、母として、一緒に成長語り合いながら、七転び八起きしながら、勇気を一歩ずつ与えられたら…。

 

子育てを通して、人間関係も改めるようになったけれど、甘やかしと関大であることとは別物であることだと思えてくる。

何ならしていいのか、悪いのか?の判断を個人で考えてみて、最前の方法を導きだしてくれるようになればいいな、と思う。

それはまだまだわたし自身も毎日違和感と変化の狭間で揺れ動いていながらも、変化させてみることは新しい発見のために必要。だからこそ、日記もつけてみる。

 

どれが正しいとか、何が良いのかは、自分自身で試してみることから自分自身のよい方法が見つかる気がする。それは、常に変化する。

それは、庭仕事での気づきも多くある。育てかたには色んな方法があるけれど、まずは、自分自身で試して、発見し、次にやるべきことや改善策などの方法がみえてくるということ。

 

そんなこんなことで数日にまとめて整理しながら記録していたら、こんな記事を読んだ。

ある脳科学者の本(「精神的に強い子に育てるには?」)による要約らしいが、気になった箇所を少し。

これは、いま必要事項真っ最中だなあ、と目を向けたい部分。

 

 

  • 親自身が、感情コントロールの模範を示し、良き手本となること。
  • 子供たちに経験をさせ、自分の行動の結果と向き合い、自分で問題を解決することを認めること。
  • 子どもの失敗に共感してやり、簡単に善悪ではジャッジしないこと。
  • 結果が小さいうちに学ばせること(大きな問題が起きる前に、小さな問題をたくさん経験させておく)。
  • 自由を与える時は、それにともなう代償と責任を伝えてからにすること。

 

個人的な意見や意思だけでなく、いつも、広い視点で物事を思慮深く考えながらいけたらいいなあ。大人になってからでも常日頃、最善は変わっていくのだから、…。

 

 

20代前半までは、自分で言うのもなんだが童顔で、どうやったら大人っぽくなれる?と悩んでいた。…はずなのに、30代に突入したら、自然と衰える衰えていく…。そんな焦りがではじめている。 早いうちからの健康管理が大事とはこのことか。気をつけよう!と思うころ。

次男との毎朝の散歩で8000歩あるくことが救い。

 

 

 

今日の週末はあいにくの雨。久々に予定もなく鑑賞会に浸った。次男が名探偵コナンをみたい!とのリクエストで、初めてしっかり観たてみた。初めから終わりまで考えながらストーリーをたどると、なかなかに面白い。 コナンをはじめ、主な登場人物の何気ない一言が気になって、息子と私3人で、あれこれ推理したくてしょうがなくなる。なかなかのアクションシーンも見どころ。わが家の大人気キャラクターは、すっかりコナンと京極真になってきている。かっこいいのにお茶目でもあったりなにかと目を引く存在で、憧れや話題に出やすいいいキャラクター。

同時に、こんな大人びた話も面白くなってきたのか、と成長に感心してしまった。

 

プライバシーの領域ってのもあるけど、あまりにも距離感を遠ざけてしまうと、かえって機会を逃すこともある。人との距離感ってほんとに人それぞれなんだなあ、と常々思うこのごろ。

✐:追伸

ポジティブなことを記録すると認知能力が高まったり日々のモチベーションが上がるという論文紹介をみた。今後、良かったことを積極的に記録してこう!

語ることば、話す事柄は何でも語り合い、元気になれるように話すこと。日記でも、実生活でも、いちばんは子育てで。とにかく、言語化したり話すことで救われる気がする。

 

 

ジャーマンカモミールが毎日たくさん咲いてくれる。摘み取って洗って乾燥させておく。